雑学/general knowledge

wishing you a happy new year

Flowers I arranged flowers and trees for New Year:)

Matsu, pine tree, has been a symbol of longevity since ancient times.

Nanten, nandia, is also regarded as one of the lucky charms because the sound of the word is associated with the different meaning of “nan(難) ten(転), “ turning difficulties into something better.

Wishing you a happy and prosperous New Year 2016!



お正月用のお花(正確には木^^)を生けました。

長寿のシンボル松と、「
難を転じる」と言われるナンテンなど
縁起ものを入れています。

2015年は多忙をきわめ、あれこれあって、
「試練の一年かも・・・」とも思いましたが
ナンテン(難転)のごとく、すべてがうまくいったような気もします^^ゞ
有難うございました。

新年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Ume (Plum) Blossoms of Temmangu

I paid a visit to Temmangu shirine.

Temmangu are the shrines that enshrine SUGAWARA no Michizane, the God of academic achievements. 
Because Michizane loved ume (plum) blossoms,
Temmangu shrines often use the emblem of ume blossom and have ume trees in their grounds.
Plum

When the spring wind blows,
Send me your scent on the wind.
My dear ume blossoms,
Never forget spring
Even without your master.
                               - SUGAWARA no Michizane

| | コメント (6) | トラックバック (0)

招き猫 / beckoning cat

Maneki-neko is a ceramic cat with its paw raised as if beckoning someone.
It is a common lucky charm for prosperous business
and is often found at the entrance of restaurants and shops.
It is said that the cat with its right paw raised attracts fortune, and the cat with its left hand raised attracts people.

Ceramic_cat_2新年がはじまり、
七草粥も食べ、
早くも十日戎が
終わってしまいました^^ゞ
えべっさんといえば
「商売繁盛」。

商売繁盛と言えば・・・
ということで、
招き猫の写真です^^

右手を挙げている猫は
冨を

左手を挙げている猫は
人を呼ぶと
言われています。

皆さんにとって
商売繁盛の1年となりますように^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 」に行って参りました。

photo: 京都市美術館前にて
10689933_561181360679628_1371321459

-------------------------------------------------
江戸時代に発達した日本の浮世絵は
のちに、モネ、ゴッホ、ルノワールなどに代表される、
西洋の印象派画家に大きな影響を与えた。

ドイツの名窯マイセンは、日本の有田焼の影響を受けた。
-------------------------------------------------

といった「日本美術が西洋美術に大きな影響を与えた」という事実は
これまでに何度も読んだり聞いたりして、
知識としては知っていましたが
誰のどの作品が、誰にどのような影響を与え、
どんな作品ができたのか、という具体的なところまでは、
深く調べたことはありませんでした。

今回の特別展では、具体例を多く対比させて展示してあって
とても分かりやすく、興味深く、勉強になりました^^

「影響というよりは、そのまんま真似してるといったほうが・・・」
という作品も多々あり、面白かったです(^^)

展示物は撮影禁止なので残念・・・
美術館の壁に3例だけ紹介されていたので、ちょっと撮影^^ゞ

Wall

京都観光情報のサイト、KYOTOdesign さんに
いくつかレポートが掲載されていますので
ご参考まで
 ↓
KYOTOdesign ボストン美術館 華麗なるジャポニスム

この日のランチは、美術館近くのカフェ、ROLLOTさんで
カレーセットをいただきました。
お野菜をたくさん煮込んだオリジナルカレーだそうです。
ごちそうさまでした。

Curry

| | コメント (6) | トラックバック (0)

一期一会 『日本の文化』

このブログがきっかけでご連絡をいただいたNさんのお取り計らいで
歴史学者としてご高名な村井康彦 先生とお会いする機会を
いただきました。

村井先生は、日本の古代~中世史を中心に、
歴史や文化(特に茶道)についての本を多く出版されていて、
京都府や市をはじめとした自治体の様々な歴史事業にも
ご意見をされているご様子です。

自分が読んだ本の著者にお会いできる機会なんて、
そうそうあるものではありません。

プライベートレクチャー”をたっぶり受けたあと
持参した『日本の文化(村井康彦著)』に
先生のサインをいただき^^
さらに、先生からご本をいただきました!

Books
photo:
購読した『日本の文化』の扉にいただいた著者のサイン
& 先生からいただいた本『律令制の虚実』

『日本の文化』は岩波ジュニア新書刊ですが
内容は普通の「ジュニア」向けではありません^^ゞ
日本史好きなジュニア&一般の方にお薦めします。

さらにさらに、村井先生と記念撮影^^ゞ

Snap2_2
photo:
村井先生とご一緒に(Nさん撮影)



貴重な機会を
いただきましたこと、
村井先生とNさんに
お礼申し上げます。


村井先生によると、「一期一会」とは本来、
一般的に理解されているような
「一生に一度あるかどうかの奇遇」といった意味ではなく
「(茶道の席では)どんな仲でも一生に一度の会のように思って
相手を尊敬する、亭主も客も互いに
畏敬すべきものである」という、茶道の心がけを述べた言葉で
こうした人間関係は、広く日本文化を理解する上での
キーワードになるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy New Year 2014 ~ symbol of longevity and prosperity

Happy and Prosperous New Year!

明けましておめでとうございます。
今年もよい1年になりますようにshine
Kadomatsu_l

Kadomatsu_s
photos: "Kadomatsu" placed in the Kyoto Station building.

Kadomatsu are gate ornaments mainly consisting of pine branches and bamboo. A pair of them are usually placed at the front door of houses and buildings during New Year holiday in Japan.
Kadomatsu symbolizes longevity and prosperity.


写真は京都駅4Fの室町小路広場にて。
私の背よりも高く、とっても大きく立派な門松でした。
門松は、長寿と繁栄の象徴とされています。
ちなみにこの場所、クリスマスシーズンには
巨大なクリスマスツリーが輝いています^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は何の日? - 祝!50周年

お馴染みの神戸ポートタワー、
今日、2013年11月21日で開業50周年だそうです♪
おめでとうございます^^

これまで何度となく見たり上ったりしたポートタワーですが

あまり写真を撮っていなかったみたいです^^ゞ

ちょっとだけ、ご紹介すると・・・

船上から見たポートタワー
From_the_window_2

夜景
Kobe

見上げてみたポートタワー
Looking_up

見下ろしてみたこともあります^^ゞ
どこにあるか分かります?

Looking_down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日? - 11月15日

11月15日は「坂本龍馬の命日」とされています。

というわけで、写真は
坂本龍馬と中岡慎太郎の像(京都・円山公園)^^

Statue

子供の頃、はじめて坂本龍馬の物語を読んだときの衝撃は
今でも覚えています。

かくも短く鮮烈な人生があるのか、と子供心に感じました。

だれが龍馬さんを襲ったのか、
なぜ龍馬さんが命を奪われなければならなかったのか、
理不尽な気がして、なんだか自分まで悔しい思いをしたものです。

真相はいまだに闇のなか・・・

そういえば、「暗殺」という言葉をはじめて知ったのは
このときに読んだ坂本龍馬の物語からだったかもしれません。

慶応3年11月15日(西暦1867年12月10日)、
坂本龍馬は短い生涯を閉じました(享年33歳、満31歳)。

龍馬暗殺の舞台として名を残す「近江屋」は、
現在こんなふうになっています。


Omiya
photo: 「近江屋」跡地

コンビニなんです・・・
阪急河原町駅の近く、京都の繁華街にあります。

よそ見しないで駆け足で歩いていると、たぶん見逃します^^

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Maple Tree Garden of Kitano Temmangu Shrine

Kyoto's Kitano Temmangu Shrine, which features about 1,500 plum trees that bloom beautifully from January to March, is also known as an autumn leaves spot. Torii

Each autumn the shrine opens its garden to the public, allowing visitors to enjoy the colourful autumn view provided by its 150 maple trees.Garden

The scenery is spectacular.

- red bridge under autumn leavesRed_bridge

- colourful leaves lined along the riverRiver

- autumn foliage in the sunOver_the_river_2

Orange_2

- maple leaves against the bamboo forestAgainst_bamboo_grovet

- fallen leavesCarpet_of_fallen_leaves

There are said to be more than 10,000 “Temmangu” shrines all over Japan, and Kitano Temmangu is the head shrine of them all.

Shaden The deity enshrined in “Temmangu” shrines is SUGAWARA no Michizane, often called Tennjinn-sama, and is worshipped as the god of academic achievements. 
Especially before theentrance exams season, lots of students pay a visit to Kitano and other Temmangu shrines to pray for success with their upcoming examinations.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LaQで再現☆阪急沿線

LaQというブロックが、面白いんです^^
関西の名所が、阪急電車とともにLaQで再現されていました。

☆大阪・キタの名所
新しくなった大阪駅ビルやスカイビル、HEPの観覧車などがありますKita

☆大阪のシンボル
大阪城、通天閣などに紛れてなぜかグランシャトーも・・・^^;Symbol
*この通天閣が作れるLaQセットが新発売されていました!

☆京都
京都を代表する主な神社・仏閣はすべて再現されています^^
五山の送り火「大」の字のふもとには、
坂本龍馬と新鮮組のメンバーが向かい合っています。
(沖田さん?近藤さん?それとも土方さん?
  意表をついて、島田魁さんだったりとか・・・^^)

Kyoto_2

☆神戸は前回の記事にアップしたので今回は省略します^^ゞ


上へと積み上げていく従来のブロックでも
いろんなものを作ることができ感動したものですが・・・

このLaQというブロックはさらに、
自由に立体的につなぎあわせることができ
想像したものはなんでも再現できそうな「究極のブロック」です^^

でも、大人になってしまった頭は想像力が乏しくて
何を作ったらよいか、しばし悩んでしまったのでした^^ゞ

☆おまけ
私の作品「ランドセル」
Schoolbag

いろんなセットがあって、大人も子供も楽しめます。
たとえば昆虫好きな方におすすめのセットはこちら↓^^
ガイドブックも販売されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧