通訳ガイド 研修・豆知識

関西のパワースポット~春日大社(奈良)

関西のパワースポットと言われる場所のひとつ、
世界遺産の春日大社(奈良)。

巨木が生い茂り石燈籠が並ぶ長い参道、
朱塗りの社殿、
回廊につるされた釣燈籠、など
Stone_lantern

Shaden

Lanterns
ここには確かに神様がおわします、と感じるような
そんな雰囲気が漂う場所です。

春日大社全体が神聖な、心洗われるパワースポットですが
その中でも、特にこの石が「パワースポット」なのだそうです^^

Power_stone_3ここは、春日若宮御祭神が現れた場所だとされ
(諸説あり)、
この石に手をかざすと、
パワーをもらえるということです。

こんな風に柵で囲まれているので
すぐに分かります。

(信じるか信じないかは別として)
春日大社を参拝の際はぜひお試しくださいね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳ガイド新人研修日記 - 勉強法

前回からちょっと時間が経ってしまいましたが
「通訳ガイド新人研修日記」、もう少しまとめておきます。

講師の先生がお薦めしていた勉強法は


1. もちろん、本を読む

2. 現地に行ってみる

3. 仲間と一緒に勉強する


ということです。

2. 3. についての説明は、以下のようなお話でした。

特に現地に行ってみることは大切で、
何度も行ったことがある場所でも行くたびに
何か新しい発見があるはず。

その都度何かテーマを決めていくとよい。
例えば、「今回は禅寺庭園にしよう」と決めていくつか見てまわる。
そうすると、共通点・コンセプトなどいろいろ分かってきて
理解が深まる。

ガイドの目線でいろいろチェックしておく。

気がつく点、感じることは人によって異なるので
仲間と一緒に行くと他の人の考えも聞けてさらに勉強になる。
仲間との情報交換は大切。

という感じです。

現在ご活躍中のベテランガイドさんでも
新人の時代があったわけだし
勉強しながら
経験を積みながら
さらに努力を続けていらっしゃるんですね。

研修に参加するたびに感じるのですが
通訳ガイド有資格者の方々は
知識豊富で好奇心旺盛、そして勉強熱心な方ばかりです。

私?・・・これからがんばりま~す^^ゞ

就業予定はまだありませんが
ガイドの勉強、研修を続けつつ
「通訳ガイド」という仕事に限定せず
自分が持っている知識や経験などを組み合わせて
どこかで誰かの何かの役に立つようなことができればいいなあと思っています。

ということで、結論はやはり
「まだまだ勉強は続きます・・・」になるわけですが
そんな私ってけっこう勉強が好きなんでしょうか?^^
(子供の頃、学生時代は、
一夜漬けタイプでしたが^^ゞ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通訳ガイド新人研修日記 - ガイド業務

新人研修では、現在ご活躍中のガイドさんから
実際の業務について心がける点についてのお話も伺いました。

簡単にまとめると以下のとおりです。


・体調管理が大切。お仕事のキャンセルをしないように!
  万が一の場合は代役をお願いできるように
  知り合いのガイドさんを見つけておく。

・問題解決能力が必要。
  いわゆる「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を心がけ、
  flexibleに対応する。

・何もなくても笑顔でいると、お客さんが近づきやすい。

・バスツアーの場合は、ドライバーさんとの連携をうまくとる。

・旅行管理主任者証を取得しておくとよい


最後の旅行主任者という資格は、持っていると
通訳ガイドとは関係なく添乗員のお仕事ができます。

まずは国内の日本人向けツアーでバス添乗の経験を積むことができ、
そうしているうちに、通訳ガイドのお仕事が舞いこんでくる可能性があります。

ただし、この資格は
旅行業務を扱う派遣会社などに所属していなければ受験できず
有効期間は5年だそうです。5年毎に書き換えが必要。
(今の私にはちょっと厳しいですが・・・)

どれも納得、「その通り」と思うことですが
実際に業務についたら、新人の間はとくに
きっとなかなか気が回らないんだろうなあと思います。
常日頃から心がけておきたいものです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳ガイド新人研修日記  - ガイドに必要な資質(感想) 

先日の通訳ガイド実地研修で訪れた奈良では
あちこちで梅の花が綺麗に咲いていて
甘い香りがほのかに漂っていました。

春が近づいてきましたね。

Plum_blossoms
photo: 法隆寺にて 「梅と五重の塔のシルエット^^」

ベテラン通訳ガイドさんのガイディングは素晴らしく
研修というより、すっかり観光客気分で
楽しく参加させて頂きました^^ゞ

その一方で、知識も、英語力も、話し方も、
「私はとてもあんな風にはできないなあ・・・」と思うほど
目標とするには高すぎるガイドさんでした。

では、私には通訳ガイドとして
いったいどんな資質があるのだろうと考えてみると・・・

そういえば、子供の頃から、
知らない人によく街で声を掛けられます。
時間や道を聞かれたり、写真を撮ってほしいと頼まれたり、
なにやら勧誘されかけたり・・・

それって、私はどこか人が話しかけやすい雰囲気を持っているということ?

観光客の立場に立つと
話しかけにくい怖そうなガイドさんって、嫌ですね。

そう考えると、見知らぬ人によく声を掛けてもらえるということは、
今まで特に良いことだとは思っていなかったけど
実はひとつの資質、長所のようなものかもしれないと思いました。

まずはそのあたりを中心として、
「必要な資質」なるものを徐々に膨らませていって、
知識の積み上げを続けて、
いずれ私なりのスタイルを作り上げていく・・・
というのを目標とします。

まだまだ修行は続きます^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

実地研修無事終了

実地研修無事終了

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通訳ガイド新人研修日記  - ガイドに必要な資質 

今週末は、新人通訳ガイド向けの研修会に参加しています。

1日目の今日はずっと座学で、講師の先生方からたくさん有意義なお話をお聞きしました。全てきちんと復習して、自分の中で整理しておきたいと思いますが、今日はまずひとつだけ、特に印象に残ったことを、ここに記録しておきます。

ガイドに必要な資質」というテーマの講義内容の一部です。


「資質」とは、辞書には「生まれつきの性質や才能」とあるけれど、
私にはそんな資質はないので無理・・・とあきらめる必要はない。
もし自分が観光客だったらどんなガイドさんに案内してほしいか
理想のガイドさんをイメージしてみる。
そして、そのガイド像に自分自身を近づけるように努力をすればよい。


そうですね。通訳ガイドに限りません。
どんな職業であっても、
こんな資質がなければだめだ!
こういう性格であるべきだ!というように
決めつける必要はないんですね。

自分が描く理想像を目指しつつ
自分の個性、持っているものを活かして
無理なく自分らしく、
自分のスタイルを身につけていけばいいのだと
そんなふうに解釈しました。

明日は実地研修です。
朝早いので、残りの復習はまた少しずつ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳ガイド研修 ~ 京都

二条城 ~ 金閣寺 ~ 京都御所 ~ ハンディクラフトセンター(ランチ&買い物) ~ 平安神宮 ~ 三十三間堂 ~ 清水寺

旅行代理店が主催する外国人向けバスツアーの、京都一日観光のコースです。京都の主な観光地を一日でまわれるので、お得と言えばお得なツアーでしょうか。

このツアーと同じルート(京都御所を除く)をバスでまわる通訳ガイド新人研修に参加させて頂きました。どの観光スポットも久しぶりに行くので、観光客気分・バス遠足の学生気分も楽しんできました。

写真は、午前中の日差しの中の金閣寺。絵葉書アングルです^^
金色に輝く建物、周りの緑と青空、それらを映す池、そんな光景全体がとても綺麗でした。Kinkakuji

まずはガイドの立場からみた感想。

・バスの中とそれぞれの観光地で一日中話し続けなければならないガイドさん、きっとお疲れでしょう(慣れると平気なのかな)。
それにしても、話題をたくさん用意しておかなければ・・・

・主なお仕事は添乗員業務。
団体客(40人位)を引率し、人数を確認し、つつがなく全行程をまわれるよう時間を調整しながらスケジュール管理。
そして団体の拝観申し込み、拝観料の立て替え、バスの乗降場所の確認と連絡、などなど。
かなり忙しそう・・・
訪問地が多いほど、バスを乗り降りする回数も多くなるので、さらに大変です。


次に、ツアー客の立場から見た感想

・説明はすべてガイドさんに一任されています。
どんなガイドさんにあたるかで、どんなお話が聞けるのかが異なるし、そのツアーの印象全体が大きく変わってきますね。

・一日で京都の有名スポットをほどんど観光できるのはよいけれど、なんだかせわしない・・・



そして、総合的な感想

・滞在日数の限られた旅行者には魅力的なツアーかも。短時間でできるだけたくさんの場所を見たいという場合はお薦め。

・このツアーをそつなくこなせるようになれば、一人前のガイドだと胸を張って言うことができ、どんなお仕事がきても大丈夫だとか。自分もそうなれたらすごいと思う。

でも・・・

・やっぱり慌ただしくて味気ない気がする。

自分の興味のある場所をひとつひとつゆっくり見てまわりたい観光客もたくさんいるはず。例えば、日本庭園をじっくり見て比較したい、建築様式に興味がある、仏像をゆっくり見たい、日本のおいしい食べ物を食べたい、など。

それぞれの関心に合わせたツアーを提案して案内できるガイドも魅力的だし、少人数のお客さんとゆっくり向き合って案内する方が自分には向いているかな。

いずれにしても、まだまだ修行は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出深いツアーにするために

旅の思い出を印象づける重要なポイントのひとつに
食べ物があります。

旅行から帰ってきたら友人によく聞かれるし、
私も友人に旅行の感想を聞くときに毎回尋ねること。
「食事はおいしかった?」


食べ物がおいしかったかどうかは、
その旅行全体の評価に、けっこう大きな割合を占めるものです。

というわけで、通訳ガイドとして観光客を案内する立場になったなら、観光スポットについての知識だけでなく、その周辺のレストランなど、お店についての情報も大切となってくるわけです。

ガイドブックを見たり、
口コミ情報をチェックしたり、
自分で散策して、
実際に食べてみて、
お薦めできるお店を見つけていきたいですね。

景気や流行の波もあるし、
お店の入れ代わりがはやい場所というのもあるものです。
せっかくお客さまを案内したのに、閉店していた・・・

なんてことのないように、
直前の確認も忘れてはいけません。

アンテナをはって、絶えず新しい情報をキャッチできるようにもしたいものです。


さらに、クライアントに満足してもらえるツアーにするために重要なことは、食事に加え、トイレ土産物屋だと、先輩ガイドのJDさんに教えて頂きました。
下見の際のチェックリストに入れておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

61歳でガイドデビュー!

61歳で通訳ガイドデビューをしたという女性のことが新聞で紹介されていました。(2009年8月4日付朝日新聞) 長崎の地域限定通訳案内士さんです。

*日本全国で通訳ガイドとして就業できる「通訳案内士」資格に加え、
  就業地域を限定した「地域限定通訳案内士」制度が2006年に新設され、
  現在では6道県で導入されています。

全国版にしても地域限定にしても、一般企業では定年となる年齢で、新たに仕事をスタートすることができるのは、通訳ガイドという職業の魅力のひとつかもしれません。

そういえば、試験会場では、受験生に年配の方が多いことに気付きました。TOEICなどの他の資格試験と比較すると、全体的に受験生の年齢層が高いんです。予備校での試験合格者向け説明会などに参加したときも、「私なんてまだまだ若輩者?」という感じでした。

ということは、当然、ガイドデビューの平均年齢も高めということになりますね。

仕事をリタイアされた方や、子育てがひと段落した方など、いろいろな経験をされた後に資格を取り、新たな世界に挑戦されている方が多いと思うと、大変励みになります。

さまざまな人生経験があるからこそできるクライアントへの心配り、hospitalityというものもあるでしょう。

私のガイドデビューは何歳になるか未定ですが、年齢制限もなければ定年もない職業です。今の経験はすべて将来何かにつながると思って、さらにいろいろな経験を積んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園さんの厄除けちまき / good-luck charm of the Gion festival 

7月も終わり・・・
ということで、日本三大祭りのひとつ、京都の祇園祭りも終わりです。

「そんなのとっくに終わってる!」と思いそうですが
祇園祭りは、実は7月1日から31日まで、1か月にわたって続きます。

そのなかでも最も有名なのが、16日の宵山17日の山鉾巡行
これが一般的な「祇園祭り」のイメージですね。

私は、どちらも見物には行っていないのですが、
少しだけ祇園祭りの雰囲気を楽しめた7月でした。

というのは・・・

お祭り用に飾り付けられた町のようすを見たりChochin Otabe

32基の山鉾のうちのひとつ、「郭巨山」の前を通りかかったりKakkyo_yama


山鉾巡行の終わった後に、知人から厄除けちまきを頂いたりChimaki_2

しかも、それが偶然、先日通りかかった郭巨山(上の写真)のものだったり・・・

といったことがあり、偶然ながら祇園祭りの季節を少しだけ体験しました。

この祇園さんの「ちまき」、京都の家の玄関に飾られているのをよく見かけますね。

「ちまき」と言っても食べられません。
厄除けのお守りとして各山鉾で販売されていて、
家の玄関に飾っておくとご利益があると言われています。

翌年の祇園祭りでまた新しいものを買って交換するそうです。

私も飾ってみました。「金運」「招福」とあります。
ご利益がありますように。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧