« Fourth of July, 2014 ~ 「オレの友達!出てこい!」 | トップページ | Kyoto in late summer ~ Heian-jingu Shrine and water lilies »

一期一会 『日本の文化』

このブログがきっかけでご連絡をいただいたNさんのお取り計らいで
歴史学者としてご高名な村井康彦 先生とお会いする機会を
いただきました。

村井先生は、日本の古代~中世史を中心に、
歴史や文化(特に茶道)についての本を多く出版されていて、
京都府や市をはじめとした自治体の様々な歴史事業にも
ご意見をされているご様子です。

自分が読んだ本の著者にお会いできる機会なんて、
そうそうあるものではありません。

プライベートレクチャー”をたっぶり受けたあと
持参した『日本の文化(村井康彦著)』に
先生のサインをいただき^^
さらに、先生からご本をいただきました!

Books
photo:
購読した『日本の文化』の扉にいただいた著者のサイン
& 先生からいただいた本『律令制の虚実』

『日本の文化』は岩波ジュニア新書刊ですが
内容は普通の「ジュニア」向けではありません^^ゞ
日本史好きなジュニア&一般の方にお薦めします。

さらにさらに、村井先生と記念撮影^^ゞ

Snap2_2
photo:
村井先生とご一緒に(Nさん撮影)



貴重な機会を
いただきましたこと、
村井先生とNさんに
お礼申し上げます。


村井先生によると、「一期一会」とは本来、
一般的に理解されているような
「一生に一度あるかどうかの奇遇」といった意味ではなく
「(茶道の席では)どんな仲でも一生に一度の会のように思って
相手を尊敬する、亭主も客も互いに
畏敬すべきものである」という、茶道の心がけを述べた言葉で
こうした人間関係は、広く日本文化を理解する上での
キーワードになるそうです。

|

« Fourth of July, 2014 ~ 「オレの友達!出てこい!」 | トップページ | Kyoto in late summer ~ Heian-jingu Shrine and water lilies »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

書籍など / books etc.」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。


村井先生にプライベートレッスンですか。
うらやましいなぁ。

市民大学講座なんかで、お話を伺う機会は何度か
ありますが。
でも、ゼミなんかに参加させてもらったら
あまりの私の知識の無さに、先生を呆れさせてし
まうでしょうから、やっぱり遠慮しときます

投稿: なかっちょ | 2014/08/23 21:06

>なかっちょさん

さすがなかっちょさん
市民講座などで、先生のお話を
聞いたりされてるんですね

私は浅い知識しかなくて
ほぼずっと先生がお話してくださっていました
レッスンというよりレクチャーですね

出雲関連の本も読んでみようと思いました

投稿: wisteria | 2014/08/29 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一期一会 『日本の文化』:

« Fourth of July, 2014 ~ 「オレの友達!出てこい!」 | トップページ | Kyoto in late summer ~ Heian-jingu Shrine and water lilies »