« 大都会に蛍舞う 2014 / fireflies in a big city | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 / under re-develpment »

「春を背負って」

そこに山があるから。(Because it's there.)  - ジョージ・マロリー

山に登る理由として、よく引用される有名な言葉ですが、
過去に別れを告げるため、これからの人生を占うため、
自分の人生を見つめなおすため、だれかの思いを引き継ぐため、
自分の居場所をさがすため・・・

人が山に登るのには、さまざまな思いがあるんだなあと思いました。

とある行事の一環で観た映画「春を背負って 」。
立山連邦に建つ山小屋を舞台に広がる人間模様です。

ひとこと、よかったです^^  何度か涙しました。

主演は松山ケンイチさん。
以前観た映画では、強烈な個性のキャラクターを演じられていて
その不思議な魅力に引き込まれてしまいましたが
今回は普通の青年を好演されていました^^

小説をもとに映画化された物語って
だいたいは原作の方が良かったりするものなので
こちらも読んでみようと思います。

|

« 大都会に蛍舞う 2014 / fireflies in a big city | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 / under re-develpment »

書籍など / books etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春を背負って」:

« 大都会に蛍舞う 2014 / fireflies in a big city | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 / under re-develpment »