« 虹 / the rainbow | トップページ | 空に消えてった打ち上げ花火 ~ 2012 »

目にはさやかに見えねども・・・ ~ 二十四節気 秋 2012

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかれぬる

 [ 歌意 ]
秋がやってきたとはっきり目に見えるわけではありませんが
ふと木の葉を揺らして吹きすぎる風の音が
まぎれもなく秋風の響きであることに驚かされるのです。

Green



< 2012 年 >

8/7    立秋(りっしゅう): 秋のはじまり

8/23 処暑(しょしょ): 暑さが落ち着く頃

9/7    白露(はくろ): 野の草に白露が宿る頃

9/22 秋分(しゅうぶん): 昼夜の長さが等しい日

10/8 寒露(かんろ): 露が冷気のせいで凍る頃

10/23 霜降(そうこう): 霜が降り始める頃

|

« 虹 / the rainbow | トップページ | 空に消えてった打ち上げ花火 ~ 2012 »

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

伝統・文化 / traditional culture」カテゴリの記事

和歌・古典 / Japanese classics」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「もう暦の上では秋なのか。」と、逆に驚くような
暑さが続きますね。

うたたねの朝けの袖にかはるなりならす扇の秋の初風
(新古今集 秋上308)式子内親王

転た寝した明け方の袖に、変わったと感じる。
なれ親しんだ扇の風が、今年最初の秋風に――。

同じ風の感じ方でも、新古今の時代は技巧的ですね

投稿: なかっちょ | 2012/08/07 21:35

>なかっちょさん

立秋過ぎたとはいえ
今日も暑かったですね

昔の方達は、ちょっとしたことから
季節の移り変わりを
敏感に感じ取っていたんでしょうね

現代人は、季節感とか、
自然を感じる感覚が鈍っているんだろうなあと残念に思う反面、
真夏でもエアコンのきいた涼しい部屋で生活できて
幸せだなあとも思ってしまいます

投稿: wisteria | 2012/08/08 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目にはさやかに見えねども・・・ ~ 二十四節気 秋 2012:

« 虹 / the rainbow | トップページ | 空に消えてった打ち上げ花火 ~ 2012 »