« 風見鶏とポートタワー / weathercock and port tower | トップページ | 夜桜 / cherry blossoms at night »

平清盛とハイカラ神戸

神戸・北野異人館街は、
明治期の神戸港開港で移り住んだ欧米人の邸宅跡が立ち並ぶ
異国情緒あふれる空間です。

Starbucks
photo: スターバックスもおしゃれな洋館^^

西洋の建物を見ながら、細くて急な坂道をのぼりきると、
異人館街を見下ろし、神戸の街を一望する
場所に
小さな神社があります。

突然、”
西洋”から”日本”固有のものに切り替わるこの空間は、
北野天満神社。Torii

最初の鳥居から境内までは、さらに険しい石段が続きます^^ゞKaidan

1180年、平清盛が、福原遷都の(都を京都から神戸に移した)際、
鬼門の鎮護として京都の北野天満宮を勧請して建てた神社で、
「北野町」という地名は、この神社に由来します。

「天満宮」「天満神社」と言えば、もちろん
学問の神様・菅原道真公が祀られています。

桜の季節になり、もう梅の花は終わりましたが
あちこちに梅の神紋。Shaden


Shinmon

平清盛に縁のある由緒ある神社の境内に立ち、
西洋文明を取り入れた時代に思いを馳せ、
ハイカラ神戸を見下ろす・・・

西洋と東洋、新しいものと歴史あるものが組み合わさった、
独特で不思議な空気につつまれます。Kobe

|

« 風見鶏とポートタワー / weathercock and port tower | トップページ | 夜桜 / cherry blossoms at night »

神社・仏閣/shrines&temples」カテゴリの記事

観光地(兵庫)/sightseeing spots in Hyogo」カテゴリの記事

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

風景/scenery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199647/44829271

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛とハイカラ神戸:

» 通訳案内士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇通訳案内士とは◇通訳案内士は、海外からの観光客に対し、通訳並びに観光案内を行うことで報酬を得ることができる資格で、観光庁長官が実施する「通訳案内士試験」という国家試験に合格し、通訳案内士として各都道府県に登録している必要があります。通訳案内士の資格が無い者が、海外からの観光客の通訳と観光案内を行った場合、報酬を受け取ることは禁じられています。対象言語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語です。◇通訳案内士の仕事..... [続きを読む]

受信: 2012/04/11 19:20

« 風見鶏とポートタワー / weathercock and port tower | トップページ | 夜桜 / cherry blossoms at night »