« 宙よ - SORAYO | トップページ | The last place of haiku master Matsuo Basho »

HAYABUSA back to the earth - 帰還バージョン

HAYABUSA  Back to the Earth - 帰還バージョン - を
観てきました。

Hayabusa7年間にわたる長い旅を終えて
昨年6月に地球に帰還した、
「惑星探査機はやぶさ」の物語を
CG映画にしたものです。

帰還が近づくにつれ
はやぶさブームが巻き起こり
映画もDVD化されましたね。

でも、できれば、大阪市立科学館の
全天周映像でご覧になることを
お薦めします^^


ストーリー、映像、音楽、ナレーション、すべて素晴らしいです^^

科学館のドーム型天井スクリーンに映し出される迫力ある映像は
まるで自分が宇宙空間を漂っているかのような錯覚に陥るほど。

そう、USJなどアミューズメントパークで
アトラクションに乗ったときのような感覚なんです。

 注:本来はプラネタリウムなので、椅子は動きません、ミストも出ません^^ゞ
       感じ方には個人差があるかもしれません^^

一般的には
「数々の困難に出会っても決してあきらめなかった
惑星探査機の奇跡の物語」として
紹介されることが多いですが、
この映画が45分という時間の中で語るものは
それだけではありません。

果てのない宇宙空間の広がり、
さらには、はるか昔、
地球が誕生する前から続く宇宙時間の流れの中では、
地球の歴史、ましてや人類の、科学の歴史なんて
どれほど小さなものに過ぎないか
深く考えさせられます。

それゆえに、
大気につつまれた生命の星・地球は
なんて奇跡的な存在なのだろう、と感じます。


自然、動物、人間、機械、文明や科学、
一見、相反するものであるかのように思える物も
すべてはこの奇跡の星・母なる地球から生まれたもの・・・

そんな様々なことを、観るたびに気付かせてくれる映画です。

上映情報については こちら をご参照ください。

はやぶさプロジェクトに携わられた全ての皆様に
映画 HAYABUSA 製作に関わられた全ての皆様に
心より敬意を表します。

はやぶさ君に感銘を受けた小さな子供達の中から
将来、優秀な科学者さんがたくさん誕生すると思います^^

|

« 宙よ - SORAYO | トップページ | The last place of haiku master Matsuo Basho »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

書籍など / books etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAYABUSA back to the earth - 帰還バージョン:

« 宙よ - SORAYO | トップページ | The last place of haiku master Matsuo Basho »