« 心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 復興の歴史 »

個人でできること

あまりの被害の大きさ、事態に、
言葉もなく胸が痛い日々を過ごしています。

何かしたいけれど何もできない無力感を感じます。

けれども今は、一般の私達は
信頼ある団体を通して義援金を送る、
節電する、といったこと以外は
余計なことはしないほうがよいかもしれません。

ツイッターなどのSNSによる情報は
必ずしも正確とは限りません。
チェーンメールも広がっています。

不安の中で何か情報を得ようとしている人にとって
誤った情報が迷惑なのはもちろん、
あまりに情報がたくさんありすぎても
かえって混乱を招きます。

情報は取捨選択して
余計なRTや転送はしないように心がけることも
大切かと思います。

今日の朝刊でも記事になっていたチェーンメールは
2日前に私のもとにも届きました。

関西電力の関係者と名乗る人物が
被災地への電力支援のために
関西地区の住民に節電をお願いするという内容です。

私も、何かできることはないのだろうかと考えていたところだったので
思わず信じて、転送しそうになりましたが、
ふと冷静になり、チェーンメールに違いないと気付きました。

回線が混雑して通じにくくなっているときに
余計なメールは送らないほうがよいと思ったのと、
西日本と東日本では周波数が異なると聞いたことを
思い出したからです。
やはり、事実ではありませんでした。

情報は、人に伝える前に
正確かどうか、発信元が信頼のおけるところかどうか
確認が必要です。

義援金をかたる詐欺サイトも出始めたようです。

偽情報に騙されないように注意することも、
留意すべきことのひとつですね。

個人でできることは限られていますが
まずは義援金を信頼できる団体を通じて送ることでしょうか。

そして、支援は長期にわたって必要となります。
一過性で終わってしまわないようにしたいですね。

|

« 心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 復興の歴史 »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人でできること:

« 心よりお見舞い申し上げます | トップページ | 復興の歴史 »