« a bouquet of "miracles" | トップページ | 滋賀県と言えば / Japanese Castles in Shiga »

「奇跡」の花束

blue rose(青いバラ)には英語で
「不可能」「あり得ないもの」という意味があります。

昔から、多くのバラ愛好家や研究者たちが
青いバラを作ろうと挑戦してきましたが
実現することはなく、
青いバラを作ることは不可能とされていました。

バラにはもともと、遺伝子的に
青い花を咲かすための青色色素が存在しないのだそうです。
(品種改良では無理ということですね。)

青いバラと言えば、
長い間不可能の代名詞だったわけです。
花言葉も「不可能」。

そんな不可能を可能にしつつあるのが
バイオテクノロジーです。

サントリーが、遺伝子操作により、
パンジーの青色色素をバラに組み込み
青い色素を持つバラを作ることに成功しました。

開発に費やした歳月は20年、
その費用はおよそ30億円と言われています。

サントリーは、苦心して開発した青いバラを
「SUNTORY blue rose APPLAUSE」と名付け
「夢 叶う」という花言葉を与えて
2009年10月に販売を開始しています。
(applauseの意味は「喝采」)

そして、青いバラの花言葉には
「夢叶う」「神の祝福」「奇跡」などが
新たに加わりました。

これがその、「奇跡」の花束です。Bouquet

青というより、薄紫に近い気がしますね。

バラはその進化の過程で、
青い花を咲かせないという選択をしてきたのですよね。
遺伝子組み換えをもってしても、
真の青色の花を咲かせるのは、
まだ難しいようです。

さらなる研究により、
本当に青いバラを見る日も近いでしょうか。
Applause
「青」のイメージではないかもしれないし
遺伝子組み換えについての意見も分かれるところでしょうが
「サントリーの青いバラ」、実際に見るととても綺麗でした^^

|

« a bouquet of "miracles" | トップページ | 滋賀県と言えば / Japanese Castles in Shiga »

花、植物/flowers, plants」カテゴリの記事

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

コメント

青いばら、、、
実際にこの目でみてみたいわ~

写真とはまたちょっと違うのかな?

お花にかける情熱はどこの国でもすごいですよね。

永遠のあこがれ、、、

青い薔薇。

投稿: 野花 | 2010/11/20 22:06

>野花さん

現在の「青い薔薇」は
正確に言うと
「青色色素を持った薔薇」で
色は紫に近いかなと思いますconfident

でも神秘的で綺麗でした^^

本当に青い薔薇、
見たいですね

投稿: wisteria | 2010/11/22 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199647/37750143

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡」の花束:

« a bouquet of "miracles" | トップページ | 滋賀県と言えば / Japanese Castles in Shiga »