« ある風景 ~ the sky between buildings | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 ~ 2010年9月 »

われても末に逢わむとぞ思う

以前から、いろいろな種類の記念切手がありますね。

今日は、仕事で使用した切手が
たまたま優雅なものでした^^

百人一首切手」です。Stamps

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の
       われても末に逢わむとぞ思ふ
(崇徳院)

[歌意]
川瀬の流れが速いので、岩にせきとめられる急流は二つに分かれても、
のちにはふたたび出会うように、
あなたと今は別れても、いつかはきっといっしょになろうと思う。

最近はずっと古典から離れていて
日本の雅な世界を忘れかけて(?)いたような・・・
そんな気がして、
ふと、いろいろな和歌が頭に浮かんだ1日でした。
(ちゃんと仕事もしてましたよ^^ゞ)

切手といえば、風景や花などは綺麗だし
宛先が誰であっても無難ですが
最近では、ドラえもんとかケロロ軍曹とか
相手によってはちょっとどうかな・・・と
使用するのをためらうような
楽しい切手もけっこうあるようです。

ふみの日の百人一首切手は
優雅で綺麗で、いいですね。

海外の方に出しても喜ばれそうです^^

|

« ある風景 ~ the sky between buildings | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 ~ 2010年9月 »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

和歌・古典 / Japanese classics」カテゴリの記事

コメント

歌意、なかなか心に染み入りますね。。。
Wisteriaさんも和歌に精通していて、なんて雅なんでしょう!(^^)/
同じ切手を見て、全く別のことを思いついた私ときたら、、、(^^:;
あぁ~、お恥ずかしい。笑

投稿: みっきー | 2010/09/05 20:45

>みっきーさん

昔から、印象深くて
好きな歌のひとつなんです^^

和歌って恋の歌が多いですね・・・

投稿: wisteria | 2010/09/05 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: われても末に逢わむとぞ思う:

« ある風景 ~ the sky between buildings | トップページ | 変わりゆく梅田の風景 ~ 2010年9月 »