« 「宇宙戦艦ヤマト」現る! | トップページ | ある風景 ~ the sky between buildings »

落語 / Rakugo, Japanese performing art

Rakugo is a traditional Japanese performing art.

It is a sit-down comedy performance by a lone storyteller sitting on his knees on a floor cushion.

The story is usually the dialog of two or more characters and develops only through talk and gestures.  A folding fan (sensu) or a towel (tenugui) is sometimes used as a prop.

The rakugo performer tells a long and humorous story, sitting the whole time, and plays the characters with little expression, moving the eyes only a little, changing the tone of voice a little and using only slight turns of the head.  It is a hard skill to master.

You can see it at a variety hall or on TV.
English Rakugo is also popular now.
Rakugo_2  photo: KATSURA Seicho, a professional rakugo performer


落語をはじめて生で見ました。

面白かった!のひと言に尽きますが
さすがプロだなあと感動したのは
ずっと観客を笑わせ続けるその話術のみならず
複数の人物を演じ分ける技術です。

少し目線を動かし、
多少声の調子を変え、
わずかに頭を動かす、という
ちょっとした動作で違う人物を表現し、会話が進んでいきます。
(それが落語なのですが^^)

実際に目の前で見ると
これがプロの技なんだと思って
笑いながらその動きに注目していました。

写真は、桂勢朝さん。
人間国宝・桂米朝さんのお弟子さんです。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト」現る! | トップページ | ある風景 ~ the sky between buildings »

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

伝統・文化 / traditional culture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語 / Rakugo, Japanese performing art:

« 「宇宙戦艦ヤマト」現る! | トップページ | ある風景 ~ the sky between buildings »