« fragile | トップページ | 緑のカーテン / bitter gourd »

終戦記念日の同窓会

終戦記念日の8月15日が近づくにつれ
戦争に関する記事やニュースを目にする機会が多くなり
平和な時代に、平和な国に生まれたことに
感謝しなければ・・・と思うことが多くなりました。

65回目の終戦記念日の今日、
出身校の同窓会の一連の行事に参加し
いろんな方のお話を聞く機会がありました。

歴史と伝統のある高校で、
ご挨拶いただいた大先輩の中には
65年前に終戦をむかえた日を記憶されている方もあり
改めて、戦争と平和について考える時間を頂きました。

また、もっと身近な話では、
恩師の先生のおひとりがおっしゃっていたことが
強く印象に残りました。

「同窓会に出席するために必要なものが3つある。
  自分の健康、少しばかりの経済的余裕、
 そして家族の健康。」

介護が必要な家族がいる場合は、
簡単に外出できないものなのだとか。
今日こうやって同窓会に出席できるのは
幸せなことなのだと考えさせられました。

すべてが当たり前のことだと思わずに
感謝の気持ちをもって日々過ごさなければ・・・
と考えた1日でした


とはいっても、そこは同窓会。
久し振りに会った同級生達とあれこれ話している時間は
難しいことなど考えずに、
楽しくあっという間に過ぎていきました^^

|

« fragile | トップページ | 緑のカーテン / bitter gourd »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日の同窓会:

« fragile | トップページ | 緑のカーテン / bitter gourd »