« wisteria の季節 ふたたび / 2010 | トップページ | バラの花 / roses »

にほうがごとく今盛りなり 2

さて、前回少し前置きを長くしたのには理由があるのですが
平城遷都1300年祭の会場、平城宮跡の様子を
簡単にご紹介します。

はじめに言っておきますと、
とにかく、広いです!

まずは、平城宮の正門、朱雀門を見上げています。Suzakumon
こうやって、観光客を見てみると
改めて門の大きさが分かります。

そうそう、なにげなく吊るされたオーナメントも
青空に映えてお洒落でした。Blue_sky
さて、朱雀門をくぐると、その敷地は・・・

ご覧の通りです。とにかく、本当に広い!

はるか向こうに小さく見えるのが、
1300年祭の目玉、大極殿。

かなり距離があるので
軽くウォーキングも楽しめますね^^
(自転車は禁止のようです。念のため)Site
そして、その道のりの途中は
突然、近鉄電車が走っています。Train
けっこう頻繁に通っているので
踏切にご注意ください^^
(平城宮跡の敷地内に線路が通っているだけで、駅はないんです・・・)

あ、また電車来た!
Kintetsu
広大な敷地に広がる緑、はるか彼方に見える山、そして青い空など
のんびり周りを眺めながら歩いていくと・・・
Mountain
近づいてきました。
1300年の時を経て復元された大極殿。
Daigokuden
当時の衣装を着た方が何人かいらっしゃったので
後ろから撮影してみました。

広く青く澄み渡った青空、あざやかな色彩の大極殿、天平時代の衣装をまとって歩く人々。

この広大な敷地の中は、
のどかでゆったりとした、悠久の時間が流れていました。

常に時間を意識しながら生活をしている現代人にとっては
ここは本当に昔にタイムスリップしたかのような
別世界の時間の流れを感じたのでした。


(さらにつづく^^ゞ)

|

« wisteria の季節 ふたたび / 2010 | トップページ | バラの花 / roses »

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

イベント / event」カテゴリの記事

コメント

引っ張りますねぇ~(笑い)

2枚目の写真は、「占風鐸」ですね。その昔、中国で邪気を払うために、家屋の四方に付けていたもので、平安時代には貴族達も、厄除けのために邸宅に飾ったりしており、江戸時代には、ガラス細工の格好のモチーフとなり、現在の「風鈴」になっていったもの・・・風鈴の遠いご先祖様といったところでしょうか。
今も仏教系のお寺なんで、見られるものらしいですが、北海道は歴史が浅いせいか、見たことないですね...(苦笑)

それにしても、遷都祭、近場なら、ぜひ、足を運んでみたかったところですねぇ~

投稿: ケイ@投扇興の伝道師 | 2010/05/13 21:42

>ケイさん

さすが日本の文化・伝統・歴史に詳しいですね。
今後は「師匠」と呼ばせて頂きます

引っ張るつもりではなかったのですが
ちょっと長くなってしまいました

遷都1300年祭は11月7日までの予定です。
関西遠征をご検討くださいませ

投稿: wisteria | 2010/05/14 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にほうがごとく今盛りなり 2:

« wisteria の季節 ふたたび / 2010 | トップページ | バラの花 / roses »