« まんげつのよるに - blue moon | トップページ | 再びスタート、その前に »

祝! 100件目の記事^^

昨年5月に始めて、少しずつ書いてきた記事が、
これで100件目となります。

あれこれ模索しながら
マイペースではありましたが
まずは、100という数に辿り着きました。

読んでくださっている皆様、
写真を見てくださっている皆様、
さらにコメントをくださる方々、
どうも有難うございます。
とても励みになっています^^

未熟な面が多々見受けられるとは思いますが
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

この小さな一区切りを機に
少し自分自身を振り返ってみました。

「どうしようかな」と思ったときに
私がいつも意識する言葉があります。
迷ったら、やってみよう!

何かを経験するチャンス、知る機会があったなら
まずはトライしてみようということです。

誰にでもできるような簡単なことがほとんどですが
たとえばブログやツイッターといったものも
知識として知っているだけの場合と
実際に自分で体験したかどうかで、
理解の深さが異なります。

ひとつひとつは小さなことでも
それらがいつか結びついて
なにか新しいことの発見へとつながっていくかもしれません。

そして、普段から「行動する」という習慣を身につけておけば
将来、なにかもっと大きな経験をする機会に出会ったとき
挑戦する勇気が持てるかもしれない。

漠然とそんな思いを持ちながら、始めてみたブログでした。

タイトルの「通訳ガイド」とは直接関係ない話題ばかりですが
サブタイトルにつけた通り、「日々のことがら全てが勉強」ですので
続けてきて何かしらの進歩はあった(かな?あったらいいな^^)と
思います。

できる限りいろいろな経験をして、
ここでアウトプットとして記録して、
そして、それらをいつか、何らかの形で
誰かの、何かの役に立つようなものへと
発展させていくことができれば嬉しいです。

|

« まんげつのよるに - blue moon | トップページ | 再びスタート、その前に »

wisteria」カテゴリの記事

日記・ひとりごと/diary」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます~♪♪パチパチパチ!
次は200ですね!笑

投稿: みっきー | 2010/02/03 23:10

100回記念、おめでとうございます。たいへんな記録ですよ・・・。弱音を吐く人ではありませんが、この間、随分と孤独感・絶望感にもさいなまれたこととお察しいたします。そういった自分自身との闘いから成し遂げた数字であることが、最も価値あることだと思います。そのお気持ちを続ける限り、wisteriaさんは、道を踏み外すことなく、ご自分を発見していかれるに違いありません。その結果がどうなるかは、神のみぞ知ることですよ。貴女をwatchすることが、ますます楽しくなってきました。

投稿: JD | 2010/02/04 01:19

家事・育児・仕事と3足のワラジを颯爽と履きこなし
迎えられた100回記念
誠に、誠にオメデトウございます

「日々のことがらすべてが勉強」
つい先日、この言葉を正に身をもって学ぶ機会がありました
Wisteriaさんが頑張っていらっしゃる事を励みに、私も精進して行きたいと思っています

東の空の下、応援しておりま~す

投稿: ういっsue | 2010/02/04 02:32

100回記念、おめでとうございます☆
私は最近忙しさにかまけて、ちょいと怠けていたので反省です。言語は違いますが、いろいろ勉強して発信したいという気持ちは同じだなぁと思って、いつも読ませていただいています。
今後もご活躍を!

投稿: Akiketta | 2010/02/04 06:07

皆様有難うございます

>みっきーさん
始めること、そして続けることに意義があるので
次は200、目指します~

>JDさん
いつも本当に有難うございます。
去年はとりあえずスタートの年でした。
今年はもう少し何か進歩を・・・と思うのですが。引き続き、ご指導くださいませ。

>ういっsueさん
ありがとうございます^^
そちらはいかがですか?
また近況お知らせくださいね。
お互いがんばりましょう~

>Akikettaさん
お忙しくされていることと思います。
私も毎日どたばたですが
なにか発信できるようなことを
「発見」できる日々を送れるといいなと思っています。
今後ともよろしくです^^

投稿: wisteria | 2010/02/04 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝! 100件目の記事^^:

« まんげつのよるに - blue moon | トップページ | 再びスタート、その前に »