« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

まんげつのよるに - blue moon

今夜も綺麗な満月ですね。

しかも、今夜の月はただの full moon ではなく
blue moon です。

これは今日の夕方6時過ぎに撮影した写真。

Blue_moon
まだ早い時間なので、
お月さまは低い位置にあって
オレンジ色に大きく輝いてい見えました。
(カメラにおさめると小さくてよく分かりませんが)

そう、色は青くありません。
オレンジですが blue moon なんです。

どういうことかというと・・・
今夜の月は、今月2回目の満月です。前回の満月は1月1日でしたね。
このように、ひと月に2回満月があるときの、2度目の月
blue moon というそうです。


blue moon には「めったにないこと」という意味もあり、
ちょっと古い表現で once in a blue moonめったに~ない」という慣用句もあるようです。
(詳しくは英辞郎 on the WEB
 にてご確認ください。)

満月を見て私がよく思い出すのは
「まんげつのよるに」という物語(「あらしのよるに」シリーズの最終話)です。
それで今回のタイトルと話題にしようと思ったのですが
思いの外 blue moon ネタが長くなり、内容変更となりました^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わりゆく梅田の風景 - 番外編^^

めったに雪の積もらない大阪市ですが
珍しく梅田の街が雪に覆われた日がありました!

めったに見られない梅田の雪景色。2008年2月のことです。Umeda_february_2008_3

雪の多い地域の方から見たら
「こんなの雪景色のうちに入らない!」って感じでしょうか?^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わりゆく梅田の風景

JR大阪駅は、ずぅっとなが~い間工事中で、
「いったいいつ工事が終わるんだろう?」と昔から思っていましたが
いよいよ、ようやく、やっと
来年の春に完成予定だそうです。

新しいビルの名は
ノースゲートビルディング

そしてこれに伴い、現在のACTY大阪は
サウスゲートビルディングと名前か変更になるそうです。

完成予想図は以下のとおり
(1月23日付朝日新聞より)
左側が南(サウス)、線路をはさんで右側が北(ノース)です。Rendering

さて、そのノースゲートビルディング、
現在は、こんな感じです。

連絡通路がほぼ出来上がっていて、
完成予想図に近づいているのが分かります。
(写真: as of January 2010)Umeda_as_of_janyary_2010

今から半年程さかのぼってみると・・・

「まだまだ工事中」って感じで、
建物の色とか連絡通路とかは、
この段階では想像できませんでした。
(写真: as of July 2009)Umeda_as_of_july_2009

ここからさらに半年以上さかのぼってみましょう。

ノースゲートビルは影も形もなく、ヨドバシカメラの前はまだ更地!
(写真: as of November 2008)Umeda_as_of_november_2008
こんな高層ビルや長い連絡通路ができる建築技術に感心してみたり

便利になるのはいいけれど
梅田にさらに百貨店が増えることに、
「そんな必要があるのかな」とちょっと疑問を感じてみたり
*ノースゲートビルには三越伊勢丹が入居予定で、
 サウスゲートビルは現在大丸が増床工事中。

建物が高くなるにつれて、
少しずつ遠くの景色が見えなくなるので、

なんだかさみしい気持ちを感じたり
(特に地上から見上げるとよく分かります)


だんだん空が狭くなるのを見て
「智恵子は東京に空が無いという 
ほんとの空が見たいという」
(高村光太郎「智恵子抄」より)
という一節を思い出したり

「智恵子さんが今の梅田の空をみたら、
同じように思うのかな」と考えてみたり

いろいろなことを感じながら、変わりゆく梅田の景色を見守っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある風景

ふと立ち止まって
ビルの合間から空を見上げてみると
冬の空に輝いて見えたのは、
上弦の月でした。

Breeze_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大明神現る?!

意外なところに赤い鳥居を発見。
いつの間にかブリCH(ブリチャン)
神様のように祀られていました!!Ch

ここは大阪、西梅田にある商業施設「ブリーゼブリーゼ」です。
観光スポットとは言えませんが、
ショッピングやお食事など、お出掛けスポットのひとつです。

オープン当初から、マスコットのブリCHが話題になったものですが、
鳥居って以前はなかったような・・・

(ブリーゼブリーゼとブリCHについては
こちらをご参照くださいね。)

よく見ると、鳥居には「ブリチャン大明神」との文字が!Torii_2

ブリCHも偉くなったねえと思いつつ
そもそも「大明神」というのは、
どんな神様でしたっけ?
と思って、調べてみました。

大明神とは・・・

神様の名前の下につけて
尊んでいう言い方で、
「~大明神」という神様は
たくさんいらっしゃるようです。

また、
神様だけでなく、人やものを神に見立ててそう呼んで
強い願望や祈念を表すこともあります。

さらには、神様に関係なく、
親しみをこめたからかいの意味で用いられることもあるようです。

さて、ブリチャン大明神は?

いずれにしても、せっかく通りかかったので
ブリチャン大明神に
「いいことがありますように」と
お願いしてみようかなと思ったのですが(^^)

賽銭箱が見当たりませんでした。

お賽銭しなくても、ご利益あるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二単 / ceremonial attire of court ladies

十二単(じゅうにひとえ)の着付けを見学しました。

十二単とは、説明するまでもありませんが
平安装束のひとつで、女性貴族の正装です。

「晴(ハレ)と褻(ケ)」で言えば、ハレの日に身にまとう装束ですが
本来、着付けは宮中の奥でこっそり行われるものでしょうから
目の前で見られるなんて、めったにない機会に恵まれました。

もちろん写真におさめてきたので
ここで着つけの順序を簡単に復習しておきます。

Start_21. 最初は、
     白の小袖と緋の袴。

Hitoe2. 単(ひとえ)を着て











3.  ここからが本番(?)です。

袿(うちき)と呼ばれる衣服ですが
5枚重ねて着るので、五衣(いつつぎぬ)ともいいます。

同系色のものを、色の薄いものから順に、
濃い色のものを上に重ねて着ます。
いろいろな色があるようですが、
この日見せて頂いたのは、赤系でした。
  Uchiki_1
まずは1枚目。  

Uchiki_22枚目。

Uchiki_33枚目。ちょっとずつ色が濃くなってますね。

Uchiki_44枚目。

Uchiki_5そして5枚目です。












4. 五衣は終わりましたが、衣装はまだ続きます。
Uchiginu次は打衣(うちぎぬ)

Uwagi5. さらに表着(うわぎ)

Karaginu6. そして、装飾用の
    唐衣(からぎぬ)。 











表着と唐衣は豪華で鮮やかです。
身分の高い方ほど
衣装に使える色の数が多いそうです。

7.  さらに裳(も)をつけて・・・
    (正面からは見えないので、写真は後で)

8.  胸元に帖紙(たとう)を入れ、檜扇(ひおうぎ)を持って、
    ようやく完成です。
   綺麗ですね^^

Kansei

着付けを担当するのは
前衣紋者(まええもんじゃ)、後衣紋者(うしろえもんじゃ)というお二人。

単純に衣装を順番に着せるだけでなく
胸元、袖口、裾で、それぞれ
たくさん重ねた衣装の色が少しずつ見えるように着付けるには
技術と経験が必要でしょう。

後ろ姿はというと、こんな感じです。
腰から白く伸びている長い衣装が裳。
これで3mくらいだそうですが
皇族の方が着られる際は、10mくらいあるそうです。

Mo_2


この綺麗で優雅な十二単、重さは15~16kg。

そんな重たい衣装を身につけつつ、
身のこなしや立ち居振る舞いも優雅にしなければならないなんて・・・

もし平安時代に貴族の女性として生まれていたなら、
なかなか大変だったかも!
と、勝手に想像したりしてみました^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「つぶやき」

昨年4月頃にアカウントを取得したまま
ほとんど放置していたのが、Twitter です。

その後、新聞で記事になってみたり
著名人が次々と「つぶやき」をはじめたり
Twitter関連の書籍が何冊も販売されたり・・・など

Twitterが
「ビジネスを変える」「世界を変える」とか
「インターネットの登場以来の革命だ」とか
やたらと話題になっているので

私も、もう少しTwitter がどんなものか
理解してみようと思います。

最近意識している言葉は
迷ったら、やってみよう!」。

という訳で、前置きが長くなりましたが
このブログのサイドバーに、
自分のTwitterを貼り付けてみました。

私がつぶやいてみても

誰の目にも止まらないたんなる独り言ですが
有名人の「つぶやき」を拝見するのも
なかなか楽しいかも。

とりあえず、しばらく試してみます。
ブログ同様、気まぐれマイペースですが
何事も経験です^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

王朝の舞

今年はじめての研修は、京都の下鴨神社
十二単の着付けと王朝の舞を見学してきました。

まるで「源氏物語」のような、雅(みやび)な世界にうっとり・・・。

この十二単、重さは15~16kgとのこと。
優雅に見えますが、そんなに重たい衣装をまとって舞うのは
かなり大変でしょうね・・・

でもチャンスがあれば一度私も着てみたいかも^^


Mai_1 Mai_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日向ぼっこ / basking in the sun

今日は晴れ間が広がって、穏やかな一日でした。
ふと思い出したのが、自分が以前撮った写真の中の1枚。

ちょうど1年くらい前のこの時期、
真冬のある晴れた日に見かけた光景です。
Hinatabokko_2
陽の当たるわずかなスペースを見つけて
丸くなってじっとしている猫ちゃんが可愛くて
ふとカメラを向けてみました。

それにしても一年がはやいです・・・

今年はどんな年になるかしら・・・
というより
今年はどんな年にできるでしょうか^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

longing for spring

年末に自主研修で訪れた仁和寺では・・・

真冬の空気の中
御室桜(おむろざくら)の木々が
春への準備をすすめているかのように
早くもたくさんのつぼみをつけていました。

Longing_for_spring

厳しい寒さを乗り越え、春を待って咲く花のように

ずっと準備してきたもの、温めてきたことが
きれいに花開く

そんな素敵な年となりますように。

皆様にとってすばらしい1年となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »