« 文楽鑑賞 / Bunraku | トップページ | 入道雲 / cumulonimbus »

祇園さんの厄除けちまき / good-luck charm of the Gion festival 

7月も終わり・・・
ということで、日本三大祭りのひとつ、京都の祇園祭りも終わりです。

「そんなのとっくに終わってる!」と思いそうですが
祇園祭りは、実は7月1日から31日まで、1か月にわたって続きます。

そのなかでも最も有名なのが、16日の宵山17日の山鉾巡行
これが一般的な「祇園祭り」のイメージですね。

私は、どちらも見物には行っていないのですが、
少しだけ祇園祭りの雰囲気を楽しめた7月でした。

というのは・・・

お祭り用に飾り付けられた町のようすを見たりChochin Otabe

32基の山鉾のうちのひとつ、「郭巨山」の前を通りかかったりKakkyo_yama


山鉾巡行の終わった後に、知人から厄除けちまきを頂いたりChimaki_2

しかも、それが偶然、先日通りかかった郭巨山(上の写真)のものだったり・・・

といったことがあり、偶然ながら祇園祭りの季節を少しだけ体験しました。

この祇園さんの「ちまき」、京都の家の玄関に飾られているのをよく見かけますね。

「ちまき」と言っても食べられません。
厄除けのお守りとして各山鉾で販売されていて、
家の玄関に飾っておくとご利益があると言われています。

翌年の祇園祭りでまた新しいものを買って交換するそうです。

私も飾ってみました。「金運」「招福」とあります。
ご利益がありますように。^^

|

« 文楽鑑賞 / Bunraku | トップページ | 入道雲 / cumulonimbus »

雑学/general knowledge」カテゴリの記事

通訳ガイド 研修・豆知識」カテゴリの記事

伝統・文化 / traditional culture」カテゴリの記事

コメント

ご自分の訴えたいことを、映像(写真)で表現できる、というのは、貴女独特の個性であり才能だと思います。決して誰にでも出来ることではありません。カメラ・アングルの決定とか、露光調整とか、映像全体のバランス感覚とか、貴女にしか出来ないsomethingです。そういうことを意識する、即ち、自分の才能を世に問うんだ、との意識で、やってみて下さい。必ず、反応があると思います。ある程度の反応の蓄積を確認できたら、コンテンツを英文化して、今度は、貴女の感性を世界に問いましょう。

投稿: JD | 2009/08/01 00:06

>JDさん

有難うございます。

写真は、ごく一般的で庶民的なカメラで撮ったもの(または時々ケータイ写真)なんですが、そんな風に言って頂くと、一眼レフとか良いカメラが欲しくなってしまいます ^^ゞ

JDさんのアドバイスや励ましのお言葉を意識しながら、自分の目指す方向を定めていきたいです。

投稿: wisteria | 2009/08/01 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園さんの厄除けちまき / good-luck charm of the Gion festival :

« 文楽鑑賞 / Bunraku | トップページ | 入道雲 / cumulonimbus »