トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

千里の道も一歩から ~ 通訳ガイド試験合格後

難関資格といわれる「通訳案内士」ですが、国家試験合格は、単なるスタートに過ぎないんです。

試験範囲は膨大で、合格のためにはいろいろと準備が必要ですが、試験のために身に付けた知識は、実際の通訳ガイドという仕事には直結しそうにありません。

たとえば、試験勉強中に代表的な観光地について英語で説明できるように練習しました。

「日光について教えて」と言われたら、「精巧な造りの東照宮が有名で・・・」というふうに概要は説明できます。でも、「じゃあ、案内して」と急に言われたら、実際は日光に行ったことのない私が、ちゃんと案内できるでしょうか・・・

たぶん地図やガイドブックを見ながら、お客さんと一緒にきょろきょろする程度でしょう。それではただの一般観光客ですね。

試験合格という目的を達成したあと、今の自分にできることは何か。

それは、自分の目で見て、耳で聞いて、足で歩いて、とにかく経験値を積み上げていくことだと思っています。

といっても、いきなり日光には行きませんよ。

近いところから範囲を広げて、「ここならしっかり案内できます」と自信を持って言える場所を少しずつ増やしていけるようにします。

かなりの長期計画ですが
A journey of a thousand miles begins with a single step.
「千里の道も一歩から」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湯葉フォンデュ / yuba fondue

「湯葉ふぉんじゅ」という珍しいメニューを見つけました。Menu

チーズフォンデュ、チョコレートフォンデュは家でもときどき食べますが、湯葉フォンデュなんて初めて聞くし、そもそも湯葉というものはそんなに頻繁に口にするものではありません(私の場合)。

これはぜひ食べてみたいと思い、お店に入りました。

生麩や野菜などを、湯葉に豆乳とチーズを合わせたフォンデュソースにつけていただきます。チーズの香りがひかえめで、さっぱりした上品なお味です。特に生麩(これも普段めったに食べません、私の場合^^)との相性がよくておいしかったです。Photo

京都らしい食材を使った、ヘルシーかつおいしいお料理でした。Entrance

ただ、ボリュームは少なめなので、お腹がすいているときや食欲旺盛な方をお連れするときは、ちょっと物足りないでしょうまた、お料理が出てくるまでに時間がかかるので、事前に予約を入れておいた方がよさそうです。

京都らしい料理を手軽に楽しめるお店です。

建仁寺の近くにある楽家」さんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紫陽花 / hydrangea

いつの間にか紫陽花のつぼみがふくらんでいると思っていたら、もう色付いているものもありました。もうすぐ紫陽花の季節です。

ということは、もうすぐ梅雨の季節がやってきますね。

通訳案内士(通訳ガイド)の試験勉強中に、「梅雨」の説明は early summer rainiy season と覚えました。

Buds Hydrangea

雨の日の外出は憂鬱になりがちですが、雨に濡れた紫陽花にふと目を止めてみたり、厚い雲の隙間から時折のぞく陽光を眺めてみたり、そんな梅雨時期特有の魅力を見つけながら、楽しく過ごしたいです。(まだ梅雨入りしていないのに、ちょっと気が早いですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高台寺庭園 / Garden of Kodaiji Temple

Kodaiji Temple is a Zen temple, and it has Karesansui, a dry landscape garden.

There is also a traditional Japanese landscape garden consisting of greenery, stones and ponds, which is designated as a historic site and scenic beauty by the government.

You can enjoy strolling up a small hill, bamboo grove and so on.

In spring and autumn, viewing the grounds by night is popular too.


禅宗寺院の高台寺には枯山水があります。Dry_landscape_garden

そして、石組みが緑に映えて綺麗な庭園は小堀遠州の作だそうです。桃山時代を代表する庭園と言われ、国の史跡・名勝に指定されています。Garden

Board もちろん池もあり、Pond

ちょっとした山歩き(?)ができ、Climbing

竹林もあって・・・と、高台寺は見どころがたくさん。Bamboo_grove

桜と紅葉の季節には、夜間にライトアップされた境内を拝観できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺院関連用語 / Words related to the Structure of Temples

Special words are used to describe the different parts of a temple.

Each building has a name depending on the purpose of use.
Here are some examples.

  Garan : buildings of temples

  Sanmon : front gate of temple

  Hojo : residence of Buddhist monks

  Kodo : place where sermons or lectures are given

  Hatto : same as Kodo (Hatto is the word for Zen temples)

  Hondo : building where principle images are enshrined

  Kondo : same as Hondo


ガイドブックやパンフレットなどで、お寺の説明を見ているときによく目にする言葉を、簡単にまとめてみました。

   伽藍(がらん)    :寺院の建築物のこと

   三門(さんもん) :寺院の正面の門

   方丈(ほうじょう):僧侶の住居

   講堂(こうどう)  :説教や講義を行う場所

   法堂(はっとう)  :禅宗寺院の説法を行う場所 他宗の講堂

   本堂(ほんどう) :本尊を安置する建物

   金堂(こんどう)  :本尊を安置する建物、本堂

これらの名称に慣れるまでは、建物の解説を読んでも、境内配置図をみても、すぐにはピンとこなかったのですが、一度覚えると説明も頭にはいりやすくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高台寺からの眺め / View from Kodaiji Temple

Kodaiji Temple in Kyoto is a popular temple among those who like Japanese history.

It was built in 1605 and dedicated to Toyotomi Hideyoshi, known as one of the great samurai warriors in the Period of Civil War.

The temple is located on a hill and you will be able to enjoy the views of Kyoto.



歴史好きの人々の間で特に人気が高い高台寺(こうだいじ)は、豊臣秀吉の菩提を弔うために北政所が
1605年に建立した禅宗寺院です。北政所とは秀吉の正室ねねのことですが、落職後は高台院(こうだいいん)と呼ばれました。

ふと、その漢字が示すように高台寺(こうだいじ)が高台(たかだい)にあるのは偶然かしらと思いながら、つつじの季節に京都の景色を一望してみました。

高台寺駐車場から見た景色です。八坂の塔と右に小さく見える京都タワー。

View_from_parking_2

京都タワーが分かりにくいので、ズームしてみます。

Kyoto_tower

このカメラではこれが限界・・・

丸く刈り込まれたつつじも面白かったです。Azalea

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年度通訳案内士試験

今日から、2009年度通訳案内士国家試験の願書配布開始です。

私は無事2007年度に合格しましたが、私の試験対策はどうだったかというと、最終結論から言うと大手予備校のハロー通訳アカデミーさんにお世話になりました。

独学で合格する方もいらっしゃいますが、膨大な試験範囲をひとりでカバーするのはかなりの時間と根気が必要ですね。ガイド試験に限らず、各種試験の受験対策を専門とする予備校を利用するのが最も効率的な勉強法だと思います。

今年の試験概要は以下の通りです。

http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/

受験生の皆様のご健闘をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇 / roses

Every May, along the street near the Umeda Sky Building and the Westin Osaka Hotel, you can enjoy many roses in a variety of colors and types.

赤いバラ

Photo_3

黄色いバラ

Photo_4

ピンクに白が混じったバラなど、梅田スカイビル・ウェスティンホテル大阪沿いの通りは、5月になると様々な色と品種のバラが楽しめる贅沢な散歩道となります。

Street_lined_with_roses_2

近くにいたプロのカメラマンぽい年配の男性が、「バラは棘(とげ)がその象徴なんだから、棘を強調するように撮ると、面白い写真が撮れるよ」とアドバイスをしてくださいました。私も何枚か試してみましたが、なかなか難しい・・・ いい写真が撮れませんでした。また挑戦してみようっと。

バラには、色によっても色の組み合わせによっても、いろいろな花言葉がありますが、全般的なバラの花言葉は「愛」「美」「幸福」。

さらに、棘にも「不幸中の幸い」という花言葉があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建仁寺(京都) / Kenninji Temple in Kyoto

Kenninji Temple is the oldest Zen temple in Kyoto.

Zen is the name of a school of Buddhism. Zen temples often have a dry landscape garden called Karesansui. The garden consists of rocks and sand, though without water.

Karesansui is found here at Kenninji Temple.

建仁寺は京都最古の禅寺で、京都五山のひとつ。

枯山水庭園があり、禅宗寺院の魅力を満喫できます。

清水寺や金閣寺などの有名なお寺には既に行ったことがあるという京都通の外国人観光客もいらっしゃいますね。そんなゲストを次に案内する場所の候補のひとつにしてもよいかもしれません。

拝観料の500円を払って方丈に入ると・・・

歴史資料集などでお馴染みの「風神雷神図屏風」(常設されているのはレプリカです)

P1010447

そして「○△□乃庭」

P1010479

中庭の「潮音庭(ちょうおんてい)」

P1010452前庭には「大雄苑(だいおうえん)」という枯山水庭園が広がります。

P1010467さらに法堂(はっとう)に移動すると、天井に描かれた巨大な双龍図に圧倒されます。

P1010475庭園は、こんな風に花頭窓(かとうまど)から観賞しても味わいがあります。

P1010470

見応えのある禅刹、建仁寺でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

wisteriaの季節にはじめの一歩

通訳案内士(通訳ガイド)の国家資格を取得したものの、資格を活かす機会を作れないまま、まだまだ勉強中のペーパー通訳ガイド wisteriaです。会社勤めを続けつつ通訳ガイドの「修行」が「就業」にかわる日をめざし、今できることは何かと模索中。できることから少しずつ準備していきたいと思っています。

まだまだ勉強は続きますが、試験勉強はもう卒業したので、決まった教材やテキストなど具体的な何かがあるわけではなく、見るもの・聞くもの・身の回りにおこること、日常のことがらすべてが勉強。そんな毎日の中から、気付いたこと、学んだことを記録していくマイペースなひとりごとです。

wisteria(藤)は子供のころから好きな花。桜の季節が過ぎ、初夏の日差しを感じるころに咲く紫の花はとても神秘的で奇麗です。風に漂う甘い香りも藤の魅力のひとつでしょうか。桜ほどメジャーではありませんが、古来より日本人に愛されてきた花のひとつです。

P1000114_2花言葉は「恋に酔う」「歓迎」「決して離れない」など

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年6月 »